任意保険

対人賠償保険でよくある疑問

任意保険の大事なひとつである対人賠償保険。
知っておきたい事柄を、ケーススタディでご紹介します。

過失相殺・任意保険と自賠責保険

自動車を運転中、車のかげから飛び出してきた歩行者に衝突し、ケガをさせてしまいました。

被害者にも非があると思うのですが、自賠責保険に被害者請求したところ、過失相殺されなかったので、残りの損害についても、全額支払って欲しいと言われました。
全額支払う義務はあるのでしょうか?

自賠責保険では、被害者保護の立場から被害者に重大な過失がない限り、減額して支払われることはありません。
しかし、加害者が負う法律上の損害賠償責任額とは、
総損害額から被害者の過失割合に応じた額を差し引いた額のことです。
したがって、今回の場合、この額(法律上の損害賠償責任額)から、
自賠責保険で支払われた額を差し引いて支払えばいいことになります。
また、この額が対人賠償保険の支払額となります。

一括払い制度

被害者から自賠責保険に請求すると時間がかかるので、私に賠償金の全額を立て替えてほしいと言われました。

対人賠償保険に加入していますが、何か良い方法はないでしょうか?

このような場合、対人事故の保険金が支払われる場合であれば、任意保険会社は、自賠責保険の分も含めて、一括して支払ってくれます。
途中で加害者が立て替え払いをしているものはその額を加害者へ、また被害者や病院へ直接保険金を支払ってもらうこともできます。
この制度を利用すれば、保険金の支払いが早いと同時に、加害者の立て替え払いの必要もありません。

対人賠償の臨時費用

SAPに入っています。

先日人身事故を起こした際、被害者へのお見舞いや連絡等の費用がかかりましたが、これらは保険で払ってもらえるのでしょうか?

SAP、PAPでは、このような対人事故発生時の見舞金、香典、見舞い時の交通費・通信費など、被保険者の臨時に要する費用は、保険金額の枠外で一定金額が支払われます。
被害者1名につき、死亡の場合10万円、入院20日以上の場合2万円
となっています。

争訟費用

私は自動車事故の加害者ですが、被害者より訴訟を起こされました。

対人賠償保険には加入していますが、弁護士の依頼や訴訟費用まで、
支払ってもらえるのでしょうか?

支払ってもらえます。
保険金額とは別枠で支払われます。

 

任意保険でよくある疑問にお答えします記事一覧

対物賠償責任保険や車両保険は、任意保険の重要なパーツです。どういう場合に保険金がおりるのか、どういう場合はおりないのか、ケーススタディでご紹介します。
対物賠償責任保険や車両保険で、保険金がおりるケース・おりないケースについて、ケーススタディで見ていきましょう。
対物賠償責任保険や車両保険で支払われる保険金について、ケーススタディでご紹介します。
自損事故・搭乗者傷害・無保険者傷害保険では、どのような場合に保険金が支払われるでしょうか?ケーススタディでご紹介します。
自動車保険には、いくつか特約がついている場合があります。それぞれの特約について、ケーススタディでご紹介していきます。
車両価額協定保険特約や、運転者年齢条件や同僚災害担保特約について、ケーススタディでご紹介します。
交通事故で人が死傷したときに関係してくる保険は、自動車保険だけではなく、労災保険・健康保険や生命保険もあります。関係する保険が複数ある場合、どのように保険金が支払われるのか、ケーススタディでご紹介します。