自動車保険の特約

自動車保険の特約

自動車保険には、いくつか特約がついている場合があります。
それぞれの特約について、ケーススタディでご紹介していきます。

他車運転危険担保特約

私の車が故障していたため、友人の車を借りて運転中、人身事故をおこしてしまいました。

私の車はSAPに加入していますが、友人の車は、自賠責保険しかつけていませんでした。
私の車の保険は使えないのでしょうか?

自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、または、自家用軽四輪貨物車にSAPまたはPAPをつけていると、その車の所有者および賠償責任保険の記名被保険者が個人の場合に限り、記名被保険者、その配偶者、または、記名被保険者の同居の親族が、他人の所有する自家用乗用車(友人の車、レンタカー等)を臨時に運転中に生じた事故についても、保険金が支払われます。
支払われる保険金の項目は、対人賠償、対物賠償、自損事故、無保険者傷害保険(ただし無保険者傷害はSAPにセットされている無保険者傷害保険で支払われます)です。
従って、今回のケーでは、自分の車の対人賠償保険金が支払われます。
なお、賠償責任の場合で、自分の車と借りた車との両方に保険契約があるときは、借りた車の保険を優先させ、賠償責任の額が借りた車の保険によって支払われる額をこえる場合に、その超えた額が自分の保険から支払われます。

ファミリーバイク特約

私は、自家用乗用車にSAPをつけていますが、そのほかに、妻が主として買い物に使用する為、原付自転車(バイク)を購入しました。

そのバイクに息子が時々乗ることがありますが、事故が心配です。
バイクには、別途保険をつける必要があるでしょうか?

このようなファミリーバイクの事故に備えるため登場したのが、ファミリーバイク特約です。
この特約は、自動車(自家用普通乗用車・自家用小型乗用車・自家用軽四輪乗用車・自家用小型貨物車・自家用軽四輪貨物車で所有者および記名被保険者が個人に限られる)と原付自転車の両方を持つ家庭向けに、SAP,PAPに任意で付帯する特約です。
従って、ファミリーバイクには別途保険をつける必要がなく、このファミリーバイク特約をつけると、被保険者とその家族が原付自転車(排気量125cc以下のバイク。借用したバイクも含む)を、所有・使用または管理することに伴う事故に対して、SAPの場合、対人・対物賠償、自損事故保険金が支払われます。(搭乗者傷害保険、車両保険は対象外)
ただし、無保険者傷害は、SAPにセットされている無保険者傷害保険から保険金が支払われます。