自動車保険と労災・健康保険・生命保険

自動車保険とその他の保険の関係

交通事故で人が死傷したときに関係してくる保険は、
自動車保険だけではなく、労災保険・健康保険や生命保険もあります。
関係する保険が複数ある場合、どのように保険金が支払われるのか、
ケーススタディでご紹介します。

自動車事故と労災保険

私は、業務中に、自動車事故に遭いました。

労災保険にも請求したいと思います。
この場合、自賠責保険と両方に請求できるのでしょうか?

業務中の事故の場合には、労災保険と自賠責保険との両方に請求ができますが、同じ損害項目について、両方から二重の支払いは受けられません。
どちらに先に請求するかは被害者本人の選択で自由ですが、行政指導により、事務の煩雑さを避けるため、また、自賠責保険では100%の休業補償に加え、
慰謝料なども支払われるため、自賠責保険に先に請求することになっています。
ただし、自賠責保険には限度額があるので、それを超えるような場合は、労災保険を使用する方が有利です。
この場合、労災保険で支払われなかった分を自賠責保険に請求できます。
つまり、治療費、休業補償費などのうち、労災保険で支払われなかった額、および、慰謝料、雑費など労災保険の対象とならない損害が、自賠責保険から支払われます。

自動車事故と健康保険

私の友人が事故に遭い、健康保険を使いたい旨、病院に申し入れましたが、交通事故には健康保険は使えない、と断られました。

本当に交通事故には健康保険は使えないのでしょうか?

交通事故であっても、業務外の事故であれば、健康保険が使え、業務中の事故であれば、労災保険が使用できます。
健康保険法1条にも、国民健康保険法2条にも、被害者本人の申し出があれば、当然使えることになっています。
この場合、健康保険を使用したから、加害者が支払わなくて済むということではなく、健康保険組合(あるいは市町村、国など)は、第三者の行為による事故について保険の給付を行った場合には、その給付の金額の限度で、被害者が第三者(加害者)に対して有する損害賠償請求権を代位取得し、加害者に対して、請求します。

生命保険金と損害賠償金

主人の死亡事故に対して、生命保険金が入りました。

この分は相手への損害賠償請求のとき、差し引かなければならないのでしょうか?

判例でも、「生命保険契約に基づいて納付される保険金は、すでに払い込んだ保険料の対価の性質を有し、もともと不法行為の原因と関係なく支払われるべきものであるから、たまたま本件事故のように、不法行為により被保険者が死亡したために、その相続人に保険金の給付がされたとしても、これを不法行為による損害賠償額から控除すべきいわれはないと解するのが妥当である」と述べており、これからもわかるように、生命保険金は損害賠償金とは別個の性格を有しており、したがって、控除する必要はありません。