対物保険と車両保険

対物保険・車両保険出る出ない?

対物賠償責任保険や車両保険は、任意保険の重要なパーツです。
どういう場合に保険金がおりるのか、どういう場合はおりないのか、
ケーススタディでご紹介します。

対物賠償の間接損害

私は、任意保険に加入していますが、先日誤って、タクシーに追突してしまいました。

タクシー会社から、修理費と休車補償費を請求されていますが、保険で両方ともまかなうことはできるでしょうか?

できます。
対物賠償保険で支払われる損害の範囲は、法律上の損害賠償責任の範囲と同一です。
つまり、事故と相当因果関係のある損害が、支払いの対象となります。
従って、修理費は、直接損害として、もちろん支払の対象となりますし、休車補償費などの間接損害についても、その損害が事故によるものであり、かつ、金額も必要で妥当なものであれば、支払いの対象となります。

車に保管中のものをこわした場合

私は、友達から借りていたゴルフクラブを自動車のトランクに入れていたところ、事故を起こして、破損してしまいました。

私の任意保険の対物賠償保険の支払い対象となるでしょうか?

なりません。
保険の約款で、被保険者が「所有、使用、または管理する財物」を破損しても、その損害については保険金は支払われないことになっています。
今回のケースでは、こわしたゴルフクラブは、管理していた財物にあたりますから、対物賠償保険の支払い対象にはなりません。

車両保険で支払われるもの

車両保険金は、どのような事故に対して支払われるのでしょうか?

また、修理期間中、必要のためレンタカーを借りた代金も支払ってもらえるのでしょうか?

車両保険では、契約している車が、衝突・転落・火災・盗難・台風・洪水・高潮などの事故によって損害を受けた場合に、その車両修理費、または全損の場合は、時価額が支払われます。
レンタカー費用は支払い対象となっていません。
また、車両価額協定保険特約対象車種については、全損の場合、臨時費用保険金(車両の取り片付け費用、代替え者の購入に伴う諸費用など)として、車両保険金額の5%が定額で支払われます。