自損事故・搭乗者傷害・無保険者傷害保険

自損事故・搭乗者傷害・無保険者傷害保険

自損事故・搭乗者傷害・無保険者傷害保険では、どのような場合に保険金が支払われるでしょうか?
ケーススタディでご紹介します。

自損事故保険と搭乗者傷害保険

私は、運転中に電柱に衝突し、けがをしました。

私は、任意保険にかぬうしていますが、私自身のけがも補償してもらえるでしょうか?

このようなケースでは、以下の2つの保険金支払の対象となります。
A.搭乗者傷害保険
保険契約している車に搭乗中の人が事故によって死傷した場合、搭乗者傷害保険金として、死亡保険金・後遺障害保険金・重度後遺障害特別保険金・医療保険金が支払われます。
B.自損事故保険金
保険契約している車に搭乗中の人が自損事故によって死傷し、かつ、自賠責保険または政府保障事業から支払を受けられない場合には、自損事故保険金として、死亡保険金・後遺障害保険金・介護費用保険金・医療保険金が支払われます。

無保険者傷害保険と搭乗者傷害保険

私の夫は、自動車を運転中、センターラインをこえて暴走してきた車に衝突され死亡しました。

加害者の車の自賠責保険から3000万円を支払ってもらい、加害者の対人賠償保険からは保険金額3000万円だったので3000万円が支払われましたが、到底納得できる金額ではありません。
しかし、加害者には視力がなく、支払ってもらえそうもありません。
夫の車にPAPをつけていましたが、被保険者になった場合には、支払いがないのでしょうか?

このような場合、以下の2つの保険金が支払われます。
A.搭乗者傷害保険金
保険契約している車に搭乗中の人が、事故によって死傷した場合、搭乗者傷害保険金として、
死亡保険金・後遺障害保険金・重度後遺障害特別保険金・医療保険金が支払われます。
B.無保険者傷害保険
保険契約している車に搭乗中の人が、事故によって死亡または後遺障害(1級〜14級、
ただし、自覚症状のみの後遺障害を除く)が生じ、かつ加害者がいる場合に保険金が支払われます。
加害者の法律上の賠償責任額が8000万円、保険契約している車の保険金額が1億円とすると、
8000万円−(3000万円+3000万円)=2000万円
2000万円は、1億円−3000万円=7000万円(この保険の支払限度額)の範囲内ですから、
この場合2000万円が保険金として、支払われます。