物損事故時にすべきことと事故処理

対物事故を起こした時にすべきことと事故処理の流れ

対物・車両事故の場合の、事故発生から保険金の支払いまでについて、
ご紹介します。

 

(1)警察への届け出
人身事故はもちろんのこと、車両、対物事故でも、必ず警察への届出をしましょう。
保険金請求の際には、交通事故証明書が必要ですが、これは警察に発行してもらうもので、届け出をしていなければ当然発行されません。
事故の状況や相手方を正しく把握しておくことも忘れずに行いましょう。

 

(2)相手方、目撃者の確認
相手方の住所・氏名・連絡先・車名・登録番号・保険会社等を確認しておきましょう。
また、目撃者がいる場合には、同様に、目撃者の住所・氏名・連絡先も忘れずに確認しておきましょう。

 

(3)事故車を修理工場へ搬入
事故者を現場に放置しておくことは、他の交通のさまたげともなりますので、現場での措置が終わり次第、すみやかに修理工場へ搬入する手続きをとりましょう。
その際、修理工場名および電話番号、見積金額等を確認しておきましょう。
なお、事故車両の修理にとりかかる前に、保険会社へは連絡しておきましょう。
保険会社の承諾なしで修理した場合には、保険金の支払いがされない場合があります。

 

(4)保険会社への事故通知
保険会社には以下の項目についてすみやかに連絡しましょう。
メモにして、自賠責保険の保険証と一緒に、車に保管しておくと便利です。

 

  • 証券番号
  • 保険期間
  • 契約者名・連絡先
  • 運転者名・生年月日
  • 車名・郎得番号・車体の色
  • 事故日・事故時間
  • 事故場所
  • 事故状況
  • 警察届出の有無・目撃者の住所・氏名・連絡先
  • 相手方の住所・氏名・連絡先
  • 相手方の車名・登録番号・車体の色・保険会社名
  • 契約者・相手方の車の入工修理工場名・電話番号・入庫日
  • 具体的損害箇所と修理見積額
  • 示談の話が出ていればその内容

 

(5)損害額の調査
保険会社から修理工場などへ、事故者の入工の有無、修理見積額などを照会します。
必要な場合は、保険会社の担当者が出向き、修理工場と適正な修理代の協定を行うこともあります。
その場合は、事故者の写真や見積書は保険会社側で取り付けます。

 

(6)事故原因・状況の調査
保険会社に通知した内容で、原因や状況が明らかな場合は、それに基づいて過失割合など、事故解決のための必要事項について、保険会社から連絡があります。
また、必要であれば、保険会社の担当者が、現場や警察などで、事故原因・状況について調査することもあります。

 

(7)事故の解決
保険契約がSAPであれば、保険会社が示談の代行をします。
保険会社は、必要に応じて、弁護士と相談・打ち合わせを行って、示談交渉を進めます。
また、保険会社が依頼した弁護士が、直接、被害者との交渉にあたる場合もあります。

 

(8)保険金請求書類の提出
保険金を請求するために、諸書類を提出します。

 

(9)保険金の支払い